校長あいさつ


夢いっぱい 笑顔いっぱい いちょうっ子のために

~児童一人一人が、しっかりと大地に根を張り
   大きく育つ銀杏の木のようにたくましく育つために~

本校は、今年度で48年目を迎える地域とともに歩む学校であります。
校庭には、多くの銀杏の木が、児童を見守っております。
 
銀杏とは、世界古来より生育しており、「生きてる化石」とも言われているそうです。氷河期にほぼ絶命しているものの、今現存する「イチョウ」のみが、イチョウ科のイチョウだそうです。
このように、生命力みなぎる「イチョウ」が、本校のシンボルであり、子どもたちを見守っております。
平成31年度も、61名の新入生を迎え、全校児童367名、教職員スタッフ45名で順調なスタートをきることができました。
イチョウに見守られながら、児童一人一人が、しっかりと自分根を張ることができるように、教職員一同、指導してまいります。
「教師が最大の学習環境!」
本校では、子どもたちの前に立つ私たち教職員が、最大で最良の学習環境であると考え日々の教育活動に取り組んでまいります。


平成31年4月
鴻巣北小学校長 吉野 徳子